スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田鉄矢 心臓の手術から復帰「僕はは死にましぇん!」

今日の芸能最新ニュースです。

金八先生もこんなお年に・・・、当時28歳だったのに。
時代の流れを感じます。。

 昨年10月に心臓の手術を受けた俳優、武田鉄矢(62)が12日、博多湾を臨む故郷・福岡市の結婚式場で、主演舞台の製作発表に出席し約3カ月ぶりに本格復帰した。フジテレビ系ドラマ「101回目のプロポーズ」の時代劇版。ドラマでもヒロインを演じた女優、浅野温子(50)と20年ぶりの共演とあって笑顔を見せつつ、「手術では命を失う危険もあったんです」と打ち明けた。

 やや細面になったものの、血色はいい武田。隣の浅野に気を使いつつ「体調はまだ完璧とはいえませんが、整えているところです」と報道陣を前に、初めて手術と入院生活を振り返った。

 注目の舞台は、3月に博多座で上演される「時代劇版101回目のプロポーズ~百壱通目の恋文~」。純愛をテーマに1991年7月から12回放送され、平均視聴率23・6%、最終回は36・7%(ビデオリサーチ関東地区調べ)を記録した“月9ドラマ”の舞台化だ。

 設定を江戸時代の熊本県に移し、武田は剣の腕はからきしダメな下級武士の役。浅野扮する謎めいた美女をめぐり、恋敵の剣豪と決闘する物語だ。気になるドラマ版のあの名セリフ「僕は死にましぇん!」は、「拙者は死にましぇん! あなたが好きだから!」になるという。

 現在の体重は通常より約4キロ少ない程度。毎朝2キロのウオーキングと週2、3回のジム通いで、けいこに向け足腰を鍛えている。だが、「大動脈弁狭窄症(きょうさくしょう)」のため昨年10月に都内の病院に入院、心臓の大動脈弁の置換手術を受けた時は「拙者は死にましぇん!」の思いだったという。

 「命を失う危険もあったんです。主治医から手術前に言われました。2%ではありますが…」と武田。退院したのは妻(59)との結婚記念日の昨年11月27日だった。「入院中、女房のありがたさが身にしみました。背中やケツも洗ってくれた。『いつか、こんな日が来ると思ってました』と言われまして…」。

 妻に支えられた命に感謝の気持ちがあふれた武田。「舞台では“永遠の愛”を香り高く楽しく咲かせたい」という言葉に実感がこもった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120113-00000032-sanspo-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。
スポンサーサイト
楽天市場
ラピュタのロボット兵
知人にプレゼントしたらスゴイ好評でした。
最新記事
季節限定
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

体操運動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。