スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“お騒がせ”佑ちゃん、王会長「そういう話題もいい」にタジタジ

今日の芸能最新ニュースです。






 日本ハム・斎藤佑樹投手(23)が11日、週刊文春で報じられたフリーアナウンサー・小林麻耶(32)との伊勢神宮参拝の件でピリピリムードに包まれた。都内のホテルで行われた母校・早実野球部OB総会に出席したが、野球以外の質問にNGが出されるなど“厳戒態勢”が敷かれた。

 早実野球部OB総会が行われた都内のホテルの一室。佑ちゃんの取材に関して、事前に会の運営を行うOBから「野球以外の話はNGでお願いします」と異例の通達が出された。球団からも同様の要請があり、自身のブログで事情説明を行った小林とは対照的だった。

 結局、伊勢参りについては口を開かず取材は終了。その時、同じく早実OBのソフトバンク・王会長が佑ちゃんの元に歩み寄った。野球のことで「プロは1年が早いだろ。ほかの人はほかの人。君は君。自分のやりたいようにやればいい」とアドバイスし、斎藤もじっと耳を傾けた。

 だが、ここで不意打ちを食らった。王会長が突然「伊勢神宮だなんだって騒がしてるな。そういう話題もいい。堅い話ばかりじゃな。大人なんだから。ほっといてくれと言えばいいんだ」と“タブー”を破ったのだ。これにはさすがに斎藤もタジタジ。苦笑いを浮かべるしかなかった。

 「世界の王」にもいじられるなど、プライベートが騒がしくなった佑ちゃんだが、本業の方は順調そのものだ。昨季故障した反省から、ケガをしない体づくりのためウエートトレーニングとランニングを中心に、年末年始も含めほぼ休まず練習しているという。

 昨オフと同様、所属事務所が同じマリナーズ・イチローとも3日間の自主トレを敢行。「すごく勉強になった。すべてです。年は違うけど、野球に対する意気込みを去年以上に感じて、やっぱりそういうことなんだなと思った」と長年活躍するスターの生きざまを吸収した。

 キャンプ初日からのブルペン入りに意欲的で、ダルビッシュが移籍した場合の開幕投手にも「その争いに加わりたい」。いろんな意味で順風満帆な2年目になりそうだ。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120112-00000011-dal-base
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



また面白いニュースを探してきます。

コメントの投稿

非公開コメント

楽天市場
ラピュタのロボット兵
知人にプレゼントしたらスゴイ好評でした。
最新記事
季節限定
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

体操運動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。