スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリトニー・スピアーズ復活! 2011年人気“アゲサゲ”スターリスト

訪問ありがとうございます。このサイトは有名人・芸能人の最新ニュースをお届けしています。


 [映画.com ニュース] 2011年、私生活のトラブルでキャリアのピンチに立たされた有名人、またそんな過去のトラブルを乗り越え人気復活したスターたちを、米ピープル誌がピックアップした。



 大幅にイメージダウンしたのが、薬物依存やポルノ女優とのご乱行が明るみになったほか、意味不明な言動でメディアを騒然とさせたチャーリー・シーン。ほかにも、家政婦との間に隠し子がいることが発覚したアーノルド・シュワルツェネッガー、Twitterを通じて女性フォロワーに自分の陰部画像を送った米民主党下院議員アンソニー・ウィーナー、リアリティ番組「ザ・リアル・ハウスワイヴズ・オブ・ニューヨーク・シティ」を降板させられたキャスト陣が挙げられた。

 逆に、今年イメージをアップさせたのは、アルバム「ファム・ファタール」が初登場No.1のセールスを記録し、真剣交際していたジェイソン・トラウィックとの婚約が明らかになったブリトニー・スピアーズ。また、司会を務める新番組と新たな恋人との交際をスタートさせたロージー・オドネル、新恋人と交際順調のジェニファー・アニストン、自伝「The Real Girl Next Door(原題)」がベストセラーとなったチャーリー・シーンの元妻デニス・リチャーズらが人気復活している。

 2011年に人気を下げた&上げたスターたちは以下の通り。

 ▽ダウン
アーノルド・シュワルツェネッガー
キム・カーダシアン
「ザ・リアル・ハウスワイヴズ・オブ・ニューヨーク・シティ」キャスト
チャーリー・シーン
ケイト・ゴスリン
アンソニー・ウィーナー

 ▽アップ
ブリトニー・スピアーズ
ロージー・オドネル
ジェニファー・アニストン
デニス・リチャーズ
デビッド・アークウェット




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111230-00000013-eiga-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

世の中の流れが早くて僕はついていけません。



コメントの投稿

非公開コメント

楽天市場
ラピュタのロボット兵
知人にプレゼントしたらスゴイ好評でした。
最新記事
季節限定
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

体操運動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。