スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本田、ラツィオ移籍破談!CSKA残留

日本に限らず世界の有名人・芸能人の最新ニュースをお届けしています。


 【ミラノ(イタリア)31日】CSKAモスクワの日本代表MF本田圭佑(25)のラツィオ移籍が破談になった。CSKAモスクワの広報が担当が、SKY局のインタビューに「本田はCSKAに残る」と明言した。

 欧州の移籍市場最終日までもつれた本田の移籍話が急転、破談した。31日付のローマ地元紙イル・メッサジェーロは「ラツィオとCSKAは夜に合意した。31日の昼前に契約をまとめる」と報じていたが、最終段階で詰め切ることができなかった。交渉に参加した代理人の1人は同日朝、スポーツ報知の取材に「合意? まだ合意に達していない。とにかく時間がない」とイタリア各メディアによる報道を否定。破談が決まった後には「CSKAのかたくなな態度が原因の一つだった」と話した。

 CSKA側の要求は1500万ユーロ(約15億円)と交渉初期と変わらず。30日夜からの交渉でラツィオはあらかじめ設定した限度額をはるかに超えた金額でほぼ合意に達したが、一括払いを強く求めるCSKAと分割を希望するラツィオでまたもめたという。堅実なクラブ運営で成果を上げているロティート会長だけに「(クラブ財政をかんがみて)こんなクレージーな移籍はできなかった」と交渉担当は話した。

 CSKAとの交渉以外にも誤算が起きた。本田の「EU外選手枠」を確保するため、並行していたGKカリーゾ(元アルゼンチン代表)のリバープレート放出がまとまらなかった。金銭面で合意したとしても、選手登録ができなければ獲得はできない。

 平行線をたどっていた交渉は30日夜に激しく動いたという。イル・メッサジェーロ紙は「ラツィオのロティート会長は交渉が難航して、全てを放り出そうとしたが、諦めずにロシア人たちとまた交渉を再開した」と伝えた。ローマにはCSKA側からも幹部や代理人、弁護士が集結。ラツィオは28日に設定していた交渉リミットを過ぎても、最後まで本田獲得への執念を見せ、金額面ではほぼ合意にまでこぎつけていた。今冬のイタリア移籍市場の話題を独占し続けたラツィオVSCSKAモスクワの本田争奪戦は、まさかの残留で終止符を打った。

 ◆本田の移籍交渉の経緯
 ▼1月20日 ラツィオが幹部をモスクワに派遣し本田獲得交渉をしていたことが発覚。ロシア紙が日本時間同日深夜に「破談した」と報道。
 ▼21日 ラツィオが交渉継続の意向を発表。
 ▼22日 ラツィオのターレGMが初めて公式に獲得交渉の存在を認める。
 ▼25日 GKカリーゾを交代要員につけることで基本合意したと報道。CSKA広報は「本田はラツィオ以外への移籍を望んでいない」と語る。
 ▼29日 地元紙が急転破談となる可能性を指摘。金銭面の隔たりが依然大きいため。また移籍が既成事実化したような報道について「売るかどうかは我々が決める」とCSKAのババエフGMが不快感示す。ラツィオの交渉担当者は「28日までに決まるべきだった。これからまとまる確率は5%」と話す。
 ▼31日 各地元メディアが一斉に「合意」報道も交渉決裂した。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120201-00000031-sph-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

ラッツオがなくなったのは残念な気もするが、よかったのでは?確かにステップアップなんだろうけど、ラッツオ行ったからって成功するとは限らない(他の選手がよくない)と思うのです。

本田はいきなりもっとビッグクラブに行くべきだと。
でもロシアは寒そうだな。。




自力で二重に!


【彩式小顔整顔~手軽に出来る目力二重まぶた術】
手術なしで綺麗な二重まぶたにできた!もうアイプチは不用です。

コメントの投稿

非公開コメント

楽天市場
ラピュタのロボット兵
知人にプレゼントしたらスゴイ好評でした。
最新記事
季節限定
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

体操運動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。