スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aikoがツアー千秋楽

訪問ありがとうございます。このサイトは有名人・芸能人の最新ニュースをお届けしています。


昨日12月18日、aikoがZepp Tokyoにてライブハウスツアー「Love Like Rock vol.5」のファイナル公演を行った。



開演前からただならぬ熱気が立ちこめるZepp Tokyo。その場内が暗転すると、心音を表すようなビートにシンセサイザーの音が乗ったSEが響き始め、強烈なフラッシュライトが光る。程なくしてSEは「KissHug」のストリングスバージョンに変わり、ステージを覆う幕には「Love Like Rock vol.5」のツアーロゴが映し出された。すると1曲目「恋愛ジャンキー」のイントロが鳴ると同時に、紗幕の奥にaikoの姿が。怒号のような大歓声に包まれる中、幕が落ちてaikoのライブパフォーマンスが始まった。

冒頭から、aikoとバンド、そしてオーディエンスのテンションは最高潮。ロックンロール風のアレンジを初披露した「鏡」、ライブ用にテンポを速めた定番曲「心日和」と、アッパーな楽曲を連投していく。さらにaikoが初めてオリコンウィークリーチャートで1位を獲得したシングル曲「milk」が始まると一層大きな歓声が上がり、ステージにはトランペット、トロンボーン、サックスのホーン隊も登場した。

こうして4曲を終えたaikoは、挨拶代わりの最初のMCへ突入。「『Love Like Rock vol.5』最終日、皆さんこんばんは! aikoでーす!! 暑い……暑すぎるよ……。もう、死ぬかと思った……!!」と、汗を拭きながら怒涛のスタートダッシュを振り返る。彼女はむせ返るほどの暑さと戦うオーディエンスを気遣いつつ、「今日は最終日なので、皆さんぜひとも最後まで“地獄ライブ”を楽しんでもらいたいと思います(笑)」とニッコリ笑顔を見せた。

次のパートは最新アルバム「BABY」収録の「ヒカリ」からスタート。これに続いて、3rdアルバム「夏服」収録の「密かなさよならの仕方」、2ndアルバム「桜の木の下」収録の「桃色」と、初期のアルバム曲2曲がライブで久々に歌われた。低音ボーカルとバンドの重厚なアンサンブルが聴き応え抜群の「密かな~」は真っ赤なライトに照らされながら、「桃色」は曲名どおりピンク色の照明に彩られながら、aikoはロックな一面もポップな一面も発揮した。

また、「これからの季節にピッタリの曲です」と紹介された「寒いね…」は、ピアノ弾き語りの原曲とは打って変わり、バンド&ホーンアレンジが加わったミドルチューンに。歌詞から伝わる一途な思いはそのままに、前向きさと甘酸っぱさをより感じさせるアレンジとなった。こうして新鮮な楽曲が目立った前半を締めくくったのは、濃厚なラブバラード「ふれていたい」。それまでモッシュでうねっていたオーディエンスはピタリと止まって、aikoの力の限りの熱唱に耳を傾けていた。

メインのMCタイムでは、いつもどおりファンとフランクに会話するaiko独特のスタイルが炸裂。「去年の『Mステ』スペシャルでな、私がすっごい緊張してたらKinKi Kidsの2人が『お客さんはジャガイモかカボチャやと思えばええねん』って励ましてくれて。それを1年間ずっと感謝してて、お礼が言いたいなあと思ってたんです。それで今年の『ベストヒット歌謡祭』で一緒になる機会があって、やった!と思ってCDを持って楽屋にお礼しに行ったら……『そんなことあったん?』『なんも覚えてへん』って! 私のこの1年なんやったの!(笑)」といったエピソードをはじめ、予定時間を大幅にオーバーしながら爆笑トークを繰り広げた。

後半戦の1曲目を飾ったのは、本人曰く「10年以上ぶり」にライブで歌唱する「悪口」。バンドはこの曲のみアコースティックギター、ウッドベースを取り入れ、原曲よりジャズテイストを増したアレンジで届けられた。さらに最新シングル「ずっと」のカップリング曲として発表された新曲「ぬけがら」もいち早く披露した。

次にaikoは、これから歌う楽曲について、昔ライブをやったあとにスタッフといさかいになり、泣きながら帰って悩んだり落ち込んだりしながら作った曲だと説明。「今でも何度も何度もがんばろうと思い知らされる曲です。みんなも元気ないときに聴いてくれたらうれしいです」と話して、2001年に発表した「陽と陰」をパフォーマンスした。

そして走り抜けるようなスピード感で冬の恋を歌った「キスする前に」を皮切りに、再びアッパーチューン続きの“汗だくゾーン”へ。aikoのライブではおなじみの、「男子! 女子! そうでない人!」「メガネ! コンタクト! 裸眼! レーシック!」をはじめをする呼びかけコーナーを経て、勢いそのままにラストスパートの鉄板曲「be master of life」へなだれこむ。その後「ライン」の間奏にて、恒例のバンドメンバー紹介が行われた。

このバンド紹介は、8名のバンドメンバーが1人ずつ、ソロプレイとあわせて日替わりのお題に合った曲を演奏し、その演奏を聴いた観客が○か、×か、問題外のX(エックス)かをジャッジするというもの。最終日であるこの日、aikoが出したお題は「この会場のみんなが今以上に超盛り上がれるような1曲」。メンバーたちは各々自信を持って“盛り上がれる1曲”を演奏し、8人中7人が○判定という好成績を収めた。

盛りだくさんの「ライン」を終え、本編最後の曲として歌われたのは、このツアーの最中にリリースされたニューシングル「ずっと」。aikoは曲について「私は皆の心の中にも『永遠』があると信じています。だからこの曲ができたのかなと思います。この曲が作れて本当によかったです」とコメントし、最初のフレーズを歌い始めた。間奏では花道を歩き、センターステージの中心へ。そして光のベールに包まれながら大サビを絶唱。曲が終わると、そのパフォーマンスに圧倒されたままの観客が一瞬固唾を飲んだあと、盛大な拍手が響き渡った。

アンコールは、ライブで人気のアッパーチューン「小鳥公園」からスタート。センターステージでは白煙が噴射され、衣装を替えたaikoがポップアップに乗って元気よく現れた。その後、代表曲のひとつ「愛の病」で会場をさらにヒートアップさせたaikoは、ひと息ついてこのツアーを振り返った。「本当にみんなのおかげでここまで来ることができました。今年は1つツアーが終わったらまた次のツアーが始まって、と続いてたんですけど、本当にこの先は何も決まってないの」と、ファンに正直に打ち明ける。そしてaikoにとっては初のベストアルバム「まとめI」「まとめII」のリリース、日本にとっては東日本大震災と激動だった2011年について「ベスト出したのがとうの昔のように、今年は本当にいろんなことがあったでしょ。今でもまだいろいろあって、モヤモヤした日々が続いていて。でも絶対明日が来るし、来年も来るし、再来年も来る。だからアホなことして笑って過ごすことが本当に大事なんだなって、ライブでわかったの。毎日起きてごはん食べてお風呂入って寝る、普通やけど普通じゃない、今の生活を続けていきましょう」と涙声で語った。

そしてaikoは「みんな1つにつながっていますように。これが“盛り上がれる1曲”だと思うんで聴いてください!」と前置きして「ボーイフレンド」を歌唱。曲の後半では天井からハート型や星型のフレークがふわふわと舞い、場内を多幸感で満たした。

また、この日は「最終日なんでもう1曲だけ」とダブルアンコールが実現。再登場したaikoは最後に「今年も残すところあとわずかですけど、メリークリスマス、よいお年を。そして来年もよろしくね。本当にどうもありがとう」と、2011年のファンへの感謝を込めて「カブトムシ」をプレゼント。aikoが退場したあとはステージ上のスクリーンにバンドメンバーの紹介、このツアーのドキュメント映像&写真、この日のセットリストが映し出され、ツアーファイナルを見届けた会場中にじんわりと感動が広がった。

aiko Live Tour Love Like Rock vol.5
2011年12月18日 Zepp Tokyo セットリスト

01. 恋愛ジャンキー
02. 鏡
03. 心日和
04. milk
05. ヒカリ
06. 密かなさよならの仕方
07. 桃色
08. 寒いね…
09. ふれていたい
10. 悪口
11. ぬけがら
12. 陽と陰
13. キスする前に
14. be master of life
15. 二人
16. ライン
17. ずっと

<アンコール>
18. 小鳥公園
19. 愛の病
20. ボーイフレンド

<ダブルアンコール>
21. カブトムシ




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000030-natalien-musi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



自力で二重に!


【彩式小顔整顔~手軽に出来る目力二重まぶた術】
手術なしで綺麗な二重まぶたにできた!もうアイプチは不用です。

コメントの投稿

非公開コメント

楽天市場
ラピュタのロボット兵
知人にプレゼントしたらスゴイ好評でした。
最新記事
季節限定
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

体操運動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。