スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<鳥越俊太郎>オセロ・中島に「自分で道を切り開いていくしかない」

いつも訪問ありがとうございます。では最新の芸能最新ニュースをお楽しみください!


 ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが28日、東京都内の映画館で開かれたスティーブン・スピルバーグ監督の最新作「戦火の馬」のジャパンプレミアに登場。長期休養中のお笑いコンビ「オセロ」の中島知子さんについて意見を求められると「状況がよく分からない。私が理解できる境地ではないので、何も言えないと言うしかない」と考え込み、「本人は世界に入ってしまっているので、自分で道を切り開いていくしかない」と呼びかけた。



  「戦火の馬」は、第一次世界大戦を舞台に、悲劇に見舞われながらも希望を信じて生き抜く人間たちの姿を、ジョーイという一頭の美しい馬との出会いと別れを通して描く感動作。戦争の愚かさと悲惨さを、敵味方の区別を知らない馬の目を通して明らかにしていく。英作家のマイケル・モーパーゴさんが82年に発表した児童文学が原作で、07年に舞台化され、英国演劇界のオスカーといわれるオリビエ賞をはじめ、米国の演劇界の最高賞である第65回トニー賞で5部門を受賞している。映画は、3月2日から全国で公開。(毎日新聞デジタル)




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120229-00000007-mantan-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



このページの訪問者はこんな商品も購入しています。

コメントの投稿

非公開コメント

楽天市場
ラピュタのロボット兵
知人にプレゼントしたらスゴイ好評でした。
最新記事
季節限定
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

体操運動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。