スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陣内孝則、16年ぶりの主演に喜び爆発!渦中の中島知子に「内田裕也さんを怒らせないように」とメッセージも!?

今日はこのニュースです。

 29日、映画『種まく旅人~みのりの茶~』の完成披露試写会が草月会館ホールにて行われ、陣内孝則が、本作で務めた16年ぶりの主演に喜びを爆発させた。



 この日のイベントには、陣内のほか、田中麗奈、吉沢悠、柄本明、塩屋俊監督が登壇し、歌手の中村中が主題歌を披露。陣内が、世間を騒がせているオセロの中島知子について、「がんばって復活してくれれば。あとは、(内田)裕也さんを怒らせないように!」とメッセージを送る場面もあった。

 本作は、大分県臼杵市を舞台に、お茶の有機栽培を営む人々をさわやかに描いた作品。陣内は全国の農家を回って農業発展に尽力する農林水産省の役人・大宮金次郎を演じ、田中はデザイナーの仕事をリストラされ、有機緑茶農家を営む祖父・修造(柄本)を訪ねて東京からやって来るヒロイン・みのり役。祖父が倒れたことで、畑仕事に乗り出すみのりと、そんな彼女を助ける金次郎の姿が、どこか懐かしい風景と共に描かれる。

 この日、カラフルなワンピースで華やかに登場した田中は「この映画に出演して、農家の方々がどれだけ愛情をかけて育てているか知ることができたと同時に、自分自身も元気をもらえました。じんわり温かくなってもらえるオーガニックムービーです」と作品をアピール。

 一方の陣内は、本作が16年ぶりの主演となることについて「この16年、本当に苦しかった……(役者を)やっていて良かった!」と久しぶりの主演に喜びを爆発。その後もムードメーカーとして周囲を盛り上げ続け、最近の囲み取材では恒例となっている中島知子の話題をふられても、「あの(中島知子を洗脳したと報じられている)占い師も、(この映画の舞台と同じ)大分出身なんだよね? 今何かと大分が注目されているよね!」などとユーモラスにうまく切り返していた。(古河優)

映画『種まく旅人~みのりの茶~』は3月3日より大分、福岡にて先行公開の後、3月17日より有楽町スバル座ほかにて全国公開




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120229-00000024-flix-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



ではまたの訪問をお待ちしております。。

コメントの投稿

非公開コメント

楽天市場
ラピュタのロボット兵
知人にプレゼントしたらスゴイ好評でした。
最新記事
季節限定
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

体操運動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。