スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オセロ中島騒動 過熱するマスコミ潜入取材合戦

日本に限らず世界の有名人・芸能人の最新ニュースをお届けしています。


<事務所に退去命令>

 消耗戦になってきた。オセロ中島知子(40)の洗脳騒動をめぐるワイドショーなどの取材合戦だ。
 28日は、女霊能者Aの親族が暮らす事務所マンションの明け渡しを求める裁判があり中島側が敗訴。東京地裁前と中島のマンション前に陣取って“速報”を競い合った。
 最近は膠着(こうちやく)状態が続き、テレビもネタ枯れ。Aの親族がイソイソと買い出しに出かける退屈な映像をダラダラ流すことが増えていた。それだけに、シャカリキになっていたが、事態は少しずつ動き始めている。4月ごろといわれる事務所の強制執行日まで中島の籠城は持たないとみられているからだ。“出現Xデー”は今週末か来週とみられている。
「中島は個人事務所のすぐ向かい側のマンションでAと2人暮らし。ただ、家賃だけでなく公共料金も滞納しているため、部屋の中は真っ暗。トイレが故障しているという情報もある。そんな2人を支えてきたのがAの親族。食料を届けたり服をクリーニングしたりと実動部隊として働いてきた。でも退去命令で行き場を失えば、中島のマンションに転がり込む可能性がある。そうなれば生活できません。火や水を使う場所すらないのでは、食事もできない。後がなくなる前に中島は降参すると思います」(写真誌カメラマン)
 週刊誌と一部ワイドショーは、すでに24時間の張り込み態勢にシフト。マンション内部への潜入取材も実行する構えだ。
「本物の引っ越し業者として中に入ろうというのです。アルバイトに登録すれば可能ですからね。先週、中島がリサイクル業者に家財を売り飛ばし、荷物が運ばれるシーンが流れました。このときもマスコミの人間が紛れて潜入したといわれています」(マスコミ関係者)
 はたして、真っ先に姿を捉えるのはどこなのか。

(日刊ゲンダイ2012年2月29日掲載)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120303-00000006-nkgendai-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

中島知子を説得して状況を認識させる救出作戦がはじまったのだ!成功を祈る。



ではまたの訪問をお待ちしております。。

コメントの投稿

非公開コメント

楽天市場
ラピュタのロボット兵
知人にプレゼントしたらスゴイ好評でした。
最新記事
季節限定
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

体操運動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。