スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見せてもらおうか、相模屋食料の「ザクとうふ」の性能とやらを

今日はこのニュースです。

 「ザクとうふ」が量産体制に入り、3月28日から関東地区を中心に全国のスーパーやコンビニに進撃するとの情報を得た。その真偽を探るため、新作豆腐発表会&試食会があるとの情報を頼りに3月27日、東京・秋葉原のベルサール秋葉原に単独で潜入した。そこには確かに相模屋食料がひそかに開発していた「ザクとうふ」が、ロールアウトされ並んでいたのだった……。

 相模屋食料はこの度、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するジオン軍のモビルスーツ「ザク」とコラボした新商品「ザクとうふ」を発売する。価格はオープン価格で200円前後。

 この「ザクとうふ」、見た目どおりにザクの頭部をモチーフにした容器に、豆腐を切り割きそれをすくいとる画期的な「ヒート・ホーク・スプーン」を数量限定で同梱している。当たり前ながら従来の豆腐業界にはなかった新しいコンセプトで開発された本商品、ザクの機体色である緑色を出すために枝豆風味となっている。

 コンセプトは「『おとうふ』をおもしろくする!」。ガンダムとコラボすることでおもしろいだけでなく、これ以上ないインパクトを与えている点はコロニー落としにも匹敵するかもしれない。

 ガンダムのコアなファン層である30~40代の男性に、売り場へ足を運んでもらう狙いもある。発表会で相模屋食料の鳥越淳司代表取締役社長は、「ビールのおつまみといえば枝豆か冷や奴→枝豆風味の冷や奴」というこだわりを説明。特殊な容器や製造機械の開発、モノアイに色が塗れないといった問題点と戦ったと熱弁する姿は、ギレン・ザビの演説と重なるものがあった。

 会場では相模屋食料においてロールアウトしていくザクとうふの姿を動画で紹介。ベルトコンベアの上をザクとうふが並んで流れていく姿に会場からは笑いも起きた。この会社、ノリノリである。

 ザクとうふで機動戦士ガンダムの世界観をイメージしたオリジナルレシピをジオラマ風に開発もした。会場後方にはそのレシピを再現した料理が並んでいた。ちなみに、会場に展示していた巨大なザクヘッドは、相模屋食料の第三工場敷地内(群馬県前橋市)に展示されることになっているそうだ。

 発表会にはシャア・アズナブル役の池田秀一さんとタレントの南明奈さんも駆けつけた。池田さんは「シャアとしてザクに乗っていなければここ(発表会)にいなかった。33年経つけど時を経てこういう形で再会するのは感無量」とコメント。できれば赤い「シャア専用ザクとうふ」の研究もお願いしたいと依頼していた。

 ぜひシャア専用ザクとうふだけでなく、青いグフとうふも開発していただき、「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」と言ってみたいものだ。いかがですか相模屋食料さん!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120327-00000054-it_nlab-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



また面白いニュースを探してきます。

コメントの投稿

非公開コメント

楽天市場
ラピュタのロボット兵
知人にプレゼントしたらスゴイ好評でした。
最新記事
季節限定
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

体操運動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。