スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンU、香川獲得へ正式オファー!

日本に限らず世界の有名人・芸能人の最新ニュースをお届けしています。


 イングランドプレミアリーグの強豪マンチェスター・ユナイテッドが、日本代表MF香川真司(23)の獲得に向けて、所属するブンデスリーガ・ドルトムントに正式オファーを出していることが10日、分かった。提示額は移籍金700万ポンド(約9億円)。移籍金の上積みを希望するドルトムントとマンUがクラブ間合意できれば、正式に「マンU・香川」が誕生する。

 香川のビッグクラブ移籍が、また一歩、前進した。クラブ関係者が「ユナイテッド(マンU)はすでにオファーを提示している」と明言。すでに両軍が本格交渉を開始していることが分かった。

 すでに独紙でもオファーが報じられていたが、クラブ側が認めたのは初めて。ドルトムントのバツケ社長も9日、「どれほど金を積んでも、香川以外の選手は売らない。2014年以降まで契約のある選手について、他のクラブはオファーを出しても無駄だ」と話し、香川については今夏の移籍を容認することを改めて認めた。

 同じく獲得に興味を示すチェルシー、リバプール(ともにイングランド)、ACミラン(イタリア)などとのリードをマンUがさらに広げた形だ。マンUの提示額は移籍金700万ポンド(約9億円)前後とみられる。

 ただ、ドルトムント側は最低額でも800万ポンド(約10億3000万円)を要求しているという。マンUは香川に年俸約6億円の3年契約を準備するが香川側は自身の条件面へのこだわりはなく、移籍金額の差を埋めクラブ間合意できれば、晴れて「マンU・香川」が現実になる。

 新たな挑戦か、それとも残留しての欧州チャンピオンズリーグ挑戦か。どちらがステップアップへの最善策になるかを、香川は最後まで慎重に検討しているという。12日の今季最終戦、ドイツ杯決勝のバイエルン・ミュンヘン戦(ベルリン)後にも来季の去就を明かす見込み。その決断に世界が注目する。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120511-00000026-sanspo-socc
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




コメントの投稿

非公開コメント

楽天市場
ラピュタのロボット兵
知人にプレゼントしたらスゴイ好評でした。
最新記事
季節限定
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

体操運動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。